OPINION

NFTの可能性を探る ― 運営者、プレイヤー、投資家の視点から語るブロックチェーンゲームの現在と未来
ゲームの開発者、プレイヤー、投資家、二次流通マーケットプレイス提供者から見えるNFTの未来とはどのようなものか。イベント「ブロックチェーンデータで紐解く2019年上半期のNFTマーケット」の後半に行われたパネルディスカッションの模様をお届けする

HOT TOPICS

NFTの可能性を探る ― 将来はメルカリ超え? 二次流通市場の最新動向と相場形成に必要な条件
ブロックチェーンのNFT(ノンファンジブルトークン)を利用したサービスが増えるにつれて、それらのトークン(アセット)を取引する二次流通市場が注目されている。OpenSeaなど取引サービスも登場しているが、今後NFT取引は拡大していくのか。9月5日、東京都内にあるブロックチェーン特化型コワーキングスペースのNeutrinoで開催されたイベント「ブロックチェーンデータで紐解く2019年上半期のNFTマーケット」では、現在の市場考察と今後の展望が語られた。

WEEKLY DIGEST

3分で知るブロックチェーン業界の1週間[9/9-9/22]Orbがニセコで地域通貨/マイクリと手塚プロとコラボ/Gtaxの法人・大企業向け登場/ほか
「WEEKLY DIGEST:3分で知るブロックチェーン業界の1週間」では、国内の企業や団体を中心にブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。

DEVELOPER ZONE

「Uniswap」プロトコルを使ってEtherとERC20トークンの交換アプリを作ろう
分散型取引のためのプロトコル「Uniswap(ユニスワップ)」を使うと、非常に分散的でありながら優れたユーザー体験を実現できます。この記事では、EtherとERC20トークンを交換する簡単なアプリ開発をとおしてUniswapを理解し、その実装ノウハウを学びます。 はじめに ブロックチェーンは、誰もが使えて誰も支配しないパブリックな台帳を歴史上初めて実現しました。しかし、実際には多くの中央集権的な交換所がハッシュパワーとプライベートキーを支配しているのが現状です。中央集権的な交換所は法定通貨と暗号通貨を交換するのには不可欠なのですが、その存在は当初のビットコインの哲学とは反しています。ブロックチ…

PRESS RELEASE

[プレスリリース]スタートバーンと東方文化支援財団、ボーダレスな文化創造活動支援を目指し、共同事業展開に向けて事業提携
[プレスリリース]コーナーでは、企業から提供されたブロックチェーン関連のプレスリリースを掲載しています。 本コーナーに掲載する記事の内容は、提供されるプレスリリースをそのまま掲載したものであり、その内容を編集部が保証するものではありません。 プレスリリースの掲載をご希望の方は、「プレスリリースの掲載について」をご覧ください。 [プレスリリース一覧]   プレスリリース提供企業:スタートバーン株式会社 プレスリリース配信日:2019年10月28日   「アート×ブロックチェーン」に取り組むスタートバーン株式会社(代表取締役:施井泰平、以下 スタートバーン)と、一般財団法人 東…
3分で知るブロックチェーン業界の1週間[9/9-9/22]Orbがニセコで地域通貨/マイクリと手塚プロとコラボ/Gtaxの法人・大企業向け登場/ほか
「WEEKLY DIGEST:3分で知るブロックチェーン業界の1週間」では、国内の企業や団体を中心にブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。
NFTの可能性を探る ― 運営者、プレイヤー、投資家の視点から語るブロックチェーンゲームの現在と未来
ゲームの開発者、プレイヤー、投資家、二次流通マーケットプレイス提供者から見えるNFTの未来とはどのようなものか。イベント「ブロックチェーンデータで紐解く2019年上半期のNFTマーケット」の後半に行われたパネルディスカッションの模様をお届けする
3分で知るブロックチェーン業界の1週間[9/2-9/8]LINE取引所へ前進/NFT取引所「miime」/博報堂DYがDApps市場拡大へ/ほか
「WEEKLY DIGEST:3分で知るブロックチェーン業界の1週間」では、国内の企業や団体を中心にブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。   [WEEKLY DIGESTバックナンバー]   トピック一覧 LINEグループ会社が仮想通貨交換業者として登録 東建とイタンジが不動産の重要事項説明書を電子化 メタップスアルファがゲームアイテムなどのNFT取引サービス「miime(ミーム)」を発表 マクロミルのアンケート協力報酬がコインチェックの仮想通貨と交換可能に 博報堂DYメディアパートナーズがDAppsゲーム市場の拡大をめざしたプロジェクト発表 …
「Uniswap」プロトコルを使ってEtherとERC20トークンの交換アプリを作ろう
分散型取引のためのプロトコル「Uniswap(ユニスワップ)」を使うと、非常に分散的でありながら優れたユーザー体験を実現できます。この記事では、EtherとERC20トークンを交換する簡単なアプリ開発をとおしてUniswapを理解し、その実装ノウハウを学びます。 はじめに ブロックチェーンは、誰もが使えて誰も支配しないパブリックな台帳を歴史上初めて実現しました。しかし、実際には多くの中央集権的な交換所がハッシュパワーとプライベートキーを支配しているのが現状です。中央集権的な交換所は法定通貨と暗号通貨を交換するのには不可欠なのですが、その存在は当初のビットコインの哲学とは反しています。ブロックチ…
3分で知るブロックチェーン業界の1週間[8/26-9/1]デジガレと大和証券が200億円ファンド/MCHとクリスペがNFT相互交換/ほか
「WEEKLY DIGEST:3分で知るブロックチェーン業界の1週間」では、国内の企業や団体を中心にブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。   [WEEKLY DIGESTバックナンバー]   トピック一覧 Gaudiyが信用スコアを用いたコミュニティトークン向けのしくみを開発 デジタルガレージと大和証券グループが総額200億円の投資ファンドを組成 MCHとクリプトスペルズでついに実現した異ゲーム間のNFTアセット交換 クリプタクトとQUICKが⾦融経済情報サービスを開発 環境省の再エネCO2削減創出モデル事業でC2C取引プラットフォームの実証開…
NFTの可能性を探る ― 将来はメルカリ超え? 二次流通市場の最新動向と相場形成に必要な条件
ブロックチェーンのNFT(ノンファンジブルトークン)を利用したサービスが増えるにつれて、それらのトークン(アセット)を取引する二次流通市場が注目されている。OpenSeaなど取引サービスも登場しているが、今後NFT取引は拡大していくのか。9月5日、東京都内にあるブロックチェーン特化型コワーキングスペースのNeutrinoで開催されたイベント「ブロックチェーンデータで紐解く2019年上半期のNFTマーケット」では、現在の市場考察と今後の展望が語られた。
3分で知るブロックチェーン業界の1週間[8/19-8/25]初の交換業廃業/コインチェックがIEO/仮想通貨で電子マネーチャージ/ほか
「WEEKLY DIGEST:3分で知るブロックチェーン業界の1週間」では、国内の企業や団体を中心にブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。
Libraは何をもたらすのか? その可能性と規制のゆくえから考えるお金の理想と現実[FIN/SUM 2019討論]
日本経済新聞社と金融庁が主催する国際イベント「FIN/SUM 2019」が、9月3日から6日まで東京都内で開催された。フィンテックや規制管理に技術を活用するレグテック(RegTech)について、世界中から集まった専門家たちが議論が繰り広げた。フェイスブックを中心に進められている仮想通貨「Libra(リブラ)」は、数あるテーマの中でも注目度が高く、多くのセッションで取り上げられた。 本稿では、初日となる9月3日に行われた「お金はどうあるべきか FBリブラの衝撃 Part2(国内編)」の模様をお届けする。 Libraに対する印象と是非は各者各様 今回のFIN/SUMで重要トピックの1つに挙げられた…
3分で知るブロックチェーン業界の1週間[8/12-8/18]BTCボックスを装うフィッシング/FC琉球コイン/フィスコとZaifが統合/ほか
「WEEKLY DIGEST:3分で知るブロックチェーン業界の1週間」では、国内の企業や団体を中心にブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。
「ブロックチェーンエンジニアは国際秩序まで考える」Cryptoeconomics Lab落合渉悟氏の仕事観 ― 福岡フィンテック座談会レポート
8月20日、福岡県福岡市のスタートアップ支援施設「Fukuoka Growth Next」において「フィンテックエンジニア座談会」が開催された。福岡市と福岡スタートアップ・サポーターズ協議会の主催で、エンジニアに興味をもつ中高大学生やその保護者を対象にしたイベントだ。さくらインターネットの川野洋平氏をモデレータに、マネーフォワードの黒田直樹氏と杉本至氏、Cryptoeconomics Labの落合渉悟氏が、それぞれの仕事や起業について語った。本稿では、ブロックチェーンエンジニアである落合氏の発言を中心にまとめる。 フィンテック/ブロックチェーン領域で働く4人のエンジニア 登壇した4人は、モデレ…
3分で知るブロックチェーン業界の1週間[8/5-8/11]東大の起業支援プログラム/業界専門データベース登場/ビットポイント再開/ほか
「WEEKLY DIGEST:3分で知るブロックチェーン業界の1週間」では、国内の企業や団体を中心にブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。
2019年の有望ブロックチェーンプロジェクトは? ― 3人の専門家がサービス内容と資金調達状況から評価
いま注目すべきブロックチェーンプロジェクトは何か。シリコンバレー在住のコンサルタントとして経験豊富な渡辺千賀氏、イーサリアム開発者の西村祥一氏、ウェブブラウザー開発者の近藤秀和氏の3人が、サービスの内容や資金調達の状況をもとにピックアップした10プロジェクトを紹介する。 本稿では、6月12日にブロックチェーン開発企業のICOVO AG主催で行われたイベント「Ethereum Hack Tokyo #15」内のスペシャルトークセッション「注目プロジェクトの最新事例について語る~米国ブロックチェーン業界の最近の動向」の内容 をもとにまとめる。 「米国ではもうICOによる資金調達はありえない。コイン…
3分で知るブロックチェーン業界の1週間[7/29-8/4]新経済連盟が金融大臣に要望書/日商エレがラボ設立/ガイアックスがLibra開発/ほか
「WEEKLY DIGEST」では国内の企業や団体を中心に、過去1週間分のブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。
エネルギービジネスとブロックチェーン #5(最終回) 適用分野の分析から見る今後の注目分野とは
前回の記事では、エネルギー分野でのICOの今後について考察した。グローバルで金融規制の強まりは不可逆的なトレンドであり、金融規制に対応した上で、投資性のあるトークンや非中央集権プロトコルのためのトークンのICOが今後の可能性だと述べた。この最終回では、2019年6月現在のブロックチェーン技術のエネルギー分野での適用を総括する。
3分で知るブロックチェーン業界の1週間[7/22-7/28]イオンの脱炭素・省エネ実験/JCBAが税制改正に要望書/不動産契約の手間を軽減/ほか
「WEEKLY DIGEST」では国内の企業や団体を中心に、過去1週間分のブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。
Libraは失敗に終わる? 普及の可能性と真のねらいを探る ― BCCC緊急座談会レポート
一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)は7月1日、暗号通貨「Libra(リブラ)」の技術解説と今後の展望に関する緊急座談会を開催した。イベントの前半ではビットコイン研究所の大石哲之氏がLibraの概要と技術について解説。後半では法的観点を含めた今後の展望について、BCCC代表理事の平野洋一郎氏をモデレータに、前述の石井氏、カレンシーポートの杉井靖典氏、弁護士の増島雅和氏による討論が行われた。
3分で知るブロックチェーン業界の1週間[7/15-7/21]電子書籍流通PF/エイベックスのコンテンツ証明書/ISOU PROJECT始動/ほか
「WEEKLY DIGEST」では国内の企業や団体を中心に、過去1週間分のブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。
ブロックチェーンスマホ「FINNEY」上陸 ―「DAppsや仮想通貨に触れるきっかけに」SIRIN LABS JAPANインタビュー
7月1日、ブロックチェーンスマホ「FINNEY(フィニー)」が発売された。メーカーはスイスに拠点を置くSIRIN LABS(シリン・ラボ)で、開発拠点であるイスラエルのセキュリティ技術が盛り込まれているという。どのあたりが「ブロックチェーン」なのか、また日本市場に対してどのような期待を抱いているのか。国内展開を担うSIRIN LABS JAPAN株式会社のCEOを務める三浦広樹氏に聞いた。 ロシア政府に拒否されるほどのセキュリティ技術 FINNEYの開発元であるSIRIN LABSは、2016年に「Solarin(ソラリン)」という名のスマホを開発・販売。この端末には高度な暗号化技術が組み込ま…
3分で知るブロックチェーン業界の1週間[7/8-7/14]ビットポイント30億円流出/経産省補助金対象/トークン活用翻訳プラットフォーム/ほか
「WEEKLY DIGEST」では国内の企業や団体を中心に、過去1週間分のブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。
複数担保型DAIのCDPライフサイクルを1周してみよう
Libraの登場で関心を集めているステーブルコイン。その1つであるMakerDAOの「DAI」について、安定化や発行のメカニズムをICOVO社のエンジニア 三野泰佑氏がわかりやすく解説します。今回は、mcd-cliというコマンドラインツールを使って複数担保型DAIのCDPのライフサイクルを1周してみることで理解を深めます。
3分で知るブロックチェーン業界の1週間[7/1-7/7]丸紅とWePower提携/仮想通貨で食事代を還元/bitFlyerが口座開設再開/ほか
「WEEKLY DIGEST」では国内の企業や団体を中心に、過去1週間分のブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。
MakerDAOのステーブルコイン「DAI」 はなぜ安定するのか? そのメカニズムを詳解
  ソース: https://makerdao.com/en/dai ステーブルコインの意義 僕は去年、送金が容易で手数料も安いという理由で、海外のクライアントから給与の一部をETHで支払ってもらっていました。ただみなさんご存知の通り、去年はETHの価値がどんどん下落していきました。日本円と交換するのが面倒で、暫く何も手をつけていなかった結果、見事に随分と損をしてしまいました。この経験があって、ステーブルコインについて少し深掘りしてみることにしました。暗号通貨を法定通貨にわざわざ変えることなく価値をそのまま保存できればとても楽です。   暗号通貨の変動制の高さは、投資家にと…
Libraは目的と手段がちぐはぐで整合性に欠ける ― 斉藤賢爾(ブロックチェーン開発者)
6月18日の発表以来、「Libra(リブラ)」は世界中で議論を巻き起こし、もっとも注目を集めるブロックチェーンプロジェクトになっている。ただし、金融分野に与える影響の大きさを懸念する動きとは対照的に、技術的な評価は必ずしも高いとはいえない。Libraには何が欠けているのか。長年、暗号通貨やブロックチェーンの研究開発に取り組んできた斉藤賢爾氏に、Libraのホワイトペーパーから受けた印象、採用技術に対する疑問点について語っていただいた。 問題の解決ではなく助長になってしまわないか 「Libra」および「The Libra Blockchain」のホワイトペーパーを一読した。誤解しているところもあ…
3分で知るブロックチェーン業界の1週間[6/24-6/30]BCシミュレータ公開/マイクリの運用ノウハウを提供/ガートナー「7つの落とし穴」/ほか
「WEEKLY DIGEST」では国内の企業や団体を中心に、過去1週間分のブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。