HOT TOPICS

ビットコインは今の上昇を逃すと2024年まで横這いになるのか?
    99万人以上のフォロワーを持っているカリスマ的な暗号資産アナリストPlanBのストックフローモデルによる予測が10月も的中した。   10月63,000ドル(693万円)となり、4月に見られた過去最高の64,000ドル(704万円)に近づくと予測しており、   昨日ビットコインは710万円を超えている。   PlanBによれば、年末までに13.5万ドル(1485万円)まで上昇した後は、2024年まで横這いで推移するという予測になっている。   Stock-to-Flow(S2F)モデルは、流通しているビットコインの量(ストック…

NFT COLLECTIONS

ホルダーと一緒に完成させるNFTアート”Hashmasks”
( Hashmaskのウェブサイトから)   Hashmnaskは、グローバルの70人以上のクリエイターによって手書きで書かれた合計16,384個のポートレートだ。 手書きだが、希少性についても念入りに計算されている。背景、シャツ、髪型、色などの数でコントローラし、マスク14種類、全キャラクターの12.5%が動物用マスクを着用、5.9%のみがピクセルマスクを着用、ユニコーンマスクは13個となっている。   また、購入したNFTは商用目的で使用、コピー、および表示するための無制限のライセンスが付与され、ホルダーは自分が所有している作品に関する商品の製造販売ができる。 2021…

REPORT

米国のETFはエルサルバトルの法定通貨化よりビットコイン価格への影響力は1000倍。
SEC(米国証券取引委員会)によるビットコインのETF(上場投信信託)が注目されているので、米国ETFのビットコイン価格に対する影響力を改めて整理してみたい。   ビットコインに関わらず、金融商品は、買う人が増えると買い圧が増加して、価格は上昇する。ビットコインが2018年12月に200万円まで上昇した理由は、日本人の個人投資家の参加増加が大きな要因と言われている。日本では2018年の秋ぐらいから暗号資産取引所のテレビCMが放送されるようになり、急激に投資家が増えて買い圧が増えたからだ。 一方2021年4月の700万円までの上昇は、米国の機関投資家(プロの投資家)の参加が要因と言われ…

DEVELOPER ZONE

「Compound」でLending Dappを作ってみる
Compoundを使えば、自分が使っていない暗号通貨をそれを有効利用できる誰かに貸して、金利を稼ぐことができます。しかもDAIなどのステーブルコインを使えば、金利は年10%までにもなります。

おすすめの暗号通貨 取引所

  • コインチェック

    国内最大級の17種類の仮想通貨を取扱い。金融庁登録済の暗号資産取引換業者。

  • GMOコイン

    法人口座ならGMO。「取引所(レバレッジ)」と「暗号資産FX」をご利用いただけます。

  • フォビジャパン

    セキュリティ評価、世界最高水準。世界 170ヵ国、数千万人のユーザー。

ホルダーと一緒に完成させるNFTアート”Hashmasks”
( Hashmaskのウェブサイトから)   Hashmnaskは、グローバルの70人以上のクリエイターによって手書きで書かれた合計16,384個のポートレートだ。 手書きだが、希少性についても念入りに計算されている。背景、シャツ、髪型、色などの数でコントローラし、マスク14種類、全キャラクターの12.5%が動物用マスクを着用、5.9%のみがピクセルマスクを着用、ユニコーンマスクは13個となっている。   また、購入したNFTは商用目的で使用、コピー、および表示するための無制限のライセンスが付与され、ホルダーは自分が所有している作品に関する商品の製造販売ができる。 2021…
ビットコインは今の上昇を逃すと2024年まで横這いになるのか?
    99万人以上のフォロワーを持っているカリスマ的な暗号資産アナリストPlanBのストックフローモデルによる予測が10月も的中した。   10月63,000ドル(693万円)となり、4月に見られた過去最高の64,000ドル(704万円)に近づくと予測しており、   昨日ビットコインは710万円を超えている。   PlanBによれば、年末までに13.5万ドル(1485万円)まで上昇した後は、2024年まで横這いで推移するという予測になっている。   Stock-to-Flow(S2F)モデルは、流通しているビットコインの量(ストック…
「イーサリアム 2.0 が正式にいつローンチするのか?」イーサリアム財団のキーマンが回答するイベントが開催。
10月26日にイーサリアム財団のコアリサーチャー兼協会のアドバイザーとなっているDanny Ryan氏をスピーカーに招いたAMA(Ask Me Anything)イベントを開催。 「イーサリアム 2.0 の開発の具体的な進捗状況」や「いつ イーサリアム 2.0 が正式にローンチするのか」といった質問に対する回答がイーサリアム2.0の開発の中心にいるコアリサーチャーDanny Ryan氏から直接得られる機会。 イーサリアムステーキング協会(共同代表理事 西村祥一/山瀬明宏)は、2021年10月26日に、同協会のアドバイザーに就任しているEthereum Foundation(イーサリアム財団)の…
米国のETFはエルサルバトルの法定通貨化よりビットコイン価格への影響力は1000倍。
SEC(米国証券取引委員会)によるビットコインのETF(上場投信信託)が注目されているので、米国ETFのビットコイン価格に対する影響力を改めて整理してみたい。   ビットコインに関わらず、金融商品は、買う人が増えると買い圧が増加して、価格は上昇する。ビットコインが2018年12月に200万円まで上昇した理由は、日本人の個人投資家の参加増加が大きな要因と言われている。日本では2018年の秋ぐらいから暗号資産取引所のテレビCMが放送されるようになり、急激に投資家が増えて買い圧が増えたからだ。 一方2021年4月の700万円までの上昇は、米国の機関投資家(プロの投資家)の参加が要因と言われ…
上半期最大。22.8億円を搾取したクリプト詐欺CriptMixer。
Scam AlartによるとCriptMixerは、2020年12月〜2021年9月の期間に、212人から1人平均1.2万ドル(132万円)合計、255万ドル(2.8億円)を搾取した詐欺とのこと。 CryptoMixerはビットコインミキシングサービス(タンブラーまたはブレンダーとも呼ばれている)を提供するプロジェクトと謳っている。 ミキシングサービスとは、ミキシングプール内の他のユーザーとBTCを混合することによって、ユーザーの古いアドレスと新しいアドレスの間の接続を切断するサービス。ユーザーの資金を追跡不能かつ匿名にするサービス。   プライバシーを保護するという切り口で誕生した…
ビットコインETFの行方をSEC会長および元会長の発言から紐解く。
2021年10月7日の急激なBTCの高騰は、米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETFを承認する可能性が高いとの期待での上昇であるという見方が多い。 そこで、改めて、SECのGary Gensler会長の発言を確認してみたい。 As it relates to cryptocurrencies, we have robust authorities @SECGov and we’re going to use them. pic.twitter.com/5arBuvEumq — Gary Gensler (@GaryGensler) September 21, 2021 9月…
米国のコレクティブメーカー最大手 ToppsがMLBのNFTコレクションシリーズの第二弾を発表
8月末に米国のチューインガム、キャンディーおよびコレクティブを製造している大手メーカーTopps Company Incは、2021 Topps Baseball NFTコレクション第二弾を発表しました。   Toppsの最新のNFTは、同社のMLB( メジャーリーグベースボール)「インセプション」NFTコレクションシリーズです。Toppsは、これが同社の史上最大のMLBのNFTであると述べています。 10月、ToppsはTether、SushiSwap、Chainlink、Circle、The Graphなどの主要なDeFiプロジェクトを含む270以上の分散型金融(DeFi)プロト…
驚愕の精度で的中させている暗号資産アナリストPlanBによれば年末までにビットコインは1,500万円に達する?
(PlanB Twitter画像)   99万人以上のフォロワーを持っているカリスマ的な暗号資産アナリストPlanBによる、3か月以上前に行われたBTC(ビットコイン)の価格予測は、これまでのところ、意図した目標に対して1%未満しかずれていない。フォロワーからも「驚くほど正確」であるとといった声が聞かれる。 彼はBTCは年末までに135,000ドル(1500万円)に達すると予測。   6月にBTCの価格は8月に47,000ドルで終了した後、9月に43,000ドルで終了するとPlanBは予測。 PlanBの予測は非常に正確に当たった。2か月共に誤差1%未満だ。8月は47,54…
マーケティングで成功したNFTプロジェクト”Habbo Avatars”
Habbo Avatarsは、ゲームでプレイをやめたとたんに、購入したゲーム内アイテムが全て無駄になることが嫌で、プレイが終わったらそのアイテムを売れるようにしたいといった想いからプロジェクトがスタート。9月24日にキックオフ。アバターの発行数は合計で11,600で、74の構成要素の組み合わせでつくられている。   プロジェクトのヘッドはMuumiopappa。 Muumiopappaは、フィンランドのヘルシンキを拠点とし、ゲームとNFTの熱狂的ファン。彼はHabboの姉妹ゲームであるHotelHideawayのリードゲームデザイナーであり、バックグラウンドはデータとコンピューターサ…
販売開始からわずか1時間で3,200万円を売り上げたNFT”Capsule House”
カプセルハウスは、日本で人気のガチャポンカプセル玩具のデジタル版。10,000個のユニークなカプセルNFTのコレクション。その内の50個はイベントなどに使うために運用側が保持。再販時に運営サイドに入るロイヤリティは2.5%。手書きでベースをつくり、生成アルゴリズムのプログラムで作成。ERC-721トークンとしてEthereumブロックチェーン上で発行。チームはクリエイターのSeerlightとKaejunniとエンジニアのKasamiの3人。現在、所有者数(アドレス数)3,200、Discord 9,200人。Twitter4,000人。   プロジェクトは2021年の8月にキックオ…
大成功している注目のNFT”Cool Cats”。プロジェクトを成功させた6つのポイント。
Twitterのアバターとして使われているアバター系NFTは、Crypt PunksとBored Apes Yacht Club がダントツの人気となっている。それに続く候補としてGutter Cat Gang、Alien Boys、The Wicked Craniums、Cool Catsが注目されているが、この4つの中で平均売買価格が綺麗に右肩上がりとなって特に注目されているのがCool Catsだ。 (グラフ:Open Seaより)   Cool Catsは、2021年6月15日にできたプロジェクトでプログラムでランダムに生成されたイーサリアムブロックチェーン上のアバター系NF…
7,500万円で売買された文字だけのNFT”Loot”の実態に迫る。
Vineのクリエイターであり、現在Bitmapに所属しているDom Hofman(ドムホフマン)が8月27日に文字だけのNFT”Loot”を7,779枚配布した。Twitterのフォロワー数は11万人を超えており、影響力がある人物だったこともあり、配布はあっと言う間に終わった。   LOOT – randomized adventurer gear – no images or stats. intentionally omitted for others to interpret – no fee, just gas – 8000 b…
NFTブームに隠れた7つの大きな課題(3)NFT関連事業者が知っておくべき事
4.転売時のロイヤリティに戻る 5.所有権 NFTは持ち主を記録することによって所有者との紐付けを行なっている。持ち主の実態は暗号資産ウォレット(以下クリプトウォレット)に入っている秘密鍵だ。NFTはこの秘密鍵とコンテンツを紐づけて所有権認証をする仕組みとなっている。つまり所有権の実態は、自分が所有しているスマホやパソコン=パーソナルな持ち物であり、本人に特定できるという前提で、この中につくられた秘密鍵とひもづているのだ。そのために基本はクリプトウォレットの所持がマストとなる。つまり決済を暗号資産で行うことが求められるのだ。   暗号資産で購入するためには、暗号資産取引所に口座を開き…
NFTブームに隠れた7つの大きな課題(2)NFT関連事業者が知っておくべき事
2.無権限発行に戻る(前回) 3.セキュリティ 2021年3月にNifty Gatewayのユーザーのアカウントが乗っ取られた。乗っ取られたアカウントで110万円のNFTを勝手に買われた。被害にあったユーザーは2段階認証を有効にしていなかったことが原因とのこと。 Someone stole my NFTs today on @niftygateway and purchased $10K++ worth of today's drop without my knowledge. NFTs were then transferred to another account. I encou…
NFTブームに隠れた7つの大きな課題(1)NFT関連事業者が知っておくべき事
2017年11月にカナダのDapper Labs(ダッパーラボ)がCryptoKitties(クリプトキティ)で一大ブームをつくって以来、比較的静かだったが、昨今同社が仕掛けたNBA Topshotや、マイクタイソン、パリスヒルトン、エミネム、ミックジャガーなどのNFTも参加してきて8月に第二のNFTブームが吹き荒れた。 同時に事故も増えてきており、世界最大のNFTプラットフォームであるOpenSea(オープンシー)では、社員による不正なインサイダー取引やイーサリアム上の自分のアドレスを短くわかりやすくするENS Domainsがバグによって紛失したりといった事が続けて起こった。 これは、技術…
ICOVOが独自ブロックチェーンが簡単に構築できるイーサリアムレイヤー2ソリューション”VELOCITY”をリリース。
チェーンの継続リスクの排除と⼿数料をコントローラブルにできる独⾃ブロックチェーン構築ソリューション。   イーサリアムが抱えるスケーラビリティの課題を解決するためのレイヤー2ソリューション。スケーラビリティを確保するため、複雑なコンセンサス・アルゴリズムを省き、PoA (プルーフ・オブ・オーソリティ) による軽量な処理を実現。イーサリアムへのアンカリングによってスケーラビリティと改竄検知の両⽴を実現。イーサリアム互換のEVM実装。メ ジャーなウォレットMetamaskなどにも対応。⾃社でコントローラブルな独⾃のブロックチェーン構築に最適。   ICOVO Japan(本社:…
イーサリアム2.0のステーキングに特化した団体が誕⽣。
イーサリアムの創業者であるヴィタリック・ブテリンが設⽴したイーサリアム財団からのグラントでICOVOが中⼼となり設⽴   2021年8⽉時点でイーサリアムは時価総額30兆円を超え、イーサリアム2.0への本格的な移⾏前にも関わらず既に204,299アドレス640万 ETH、1200億円以上がステーキングでロックされ、盛り上がりを⾒せているイーサリアム2.0のステーキング。このステーキングに特化した団体、イーサリアムステーキング協会が⽇本に誕⽣した。     イーサリアム財団と密な連携をとり、⽇本においてイーサリアムのステーキングに関する正しい知識の発信を通して、ステ…
世界最大の暗号資産取引所コインベースが550億円の暗号資産への投資を発表。
CoinBase(コインベース)の8月20日の投稿によれば投資ポリシーを変更して自社でも暗号資産への投資ができるようにしたとのこと。 ポリシー変更に伴った今後の投資戦略は、5億ドル(550億円)の流動資産と四半期純利益の10%を暗号資産へ投資するという内容。Coinbaseは、ビットコイン、イーサリアム、その他DeFI関連などのアルトコインなど幅広い暗号資産を貸借対照表に記載する初めての上場企業になる。投資家向けには、暗号資産に対する「長期投資家」と説明し売却は上場廃止や財務的に厳しくなった時などの特定の状況下でしか行わない。まお、顧客との利益相反にならいないようにOTCデスクで取引を行うとの…
今後5年〜10年以内にデジタルアセットが法定通貨の完全な代替手段として機能するとデロイトが発表。
暗号資産の未来は明るいという調査結果をDeloitte(デロイト)が発表。 世界の4大会計事務所であるDeloitteは、ほとんどの金融専門家は、クリプトを含むデジタル通貨は未来の通貨となると信じているといった調査結果を発表した。   デロイトの2021年のグローバルブロッックチェーン調査報告書によれば、   金融の専門家の76%が今後5年~10年以内にデジタルアセットが法定通貨の完全な代替手段として機能すると考えている。   世界4大会計事務所であるDeloitte、KPMG、EY、PwCは、直近4年間、毎年ブラジル、中国、香港、日本、シンガポール、南アフリカ、…
10月にビットコインは大幅上昇か?10月にビットコインETFの運命が決まるのか?
CFRA ResearchのETF責任者であるTodd Rosenbluth(トッド氏)がCNBCで以下を語った。  ビットコインETF(上場投資信託)のSEC(米国証券取引委員会)への申請は10月に青信号が点灯する可能性がある。ビットコインの大幅な価格上昇に伴ってSECに申請されたETFは18件以上になっており、現時点ではまだ認可されたものはなく、年内に承認される可能性は低いが、ブルームバーグが伝えた通り、ビットコインが米国で承認されるかどうかが10月に決まる可能性がある。なお10月の判断タイミングでは、不公平感がないように、すでに申請されている18件の中のいくつかを同時に判断を行う。 また…
誰が無名の12歳の少年が作成したNFTアート作品を4,000万円分も買っているのか?
ロンドン郊外の12歳の少年、Benyamin Ahmed,(ベンジャミンアーメド)が、オープンソースのPython(パイソン)スクリプトをカスタマイズしてクジラをモチーフにした3,350点のピクセルアート”Weird Whales”を作成した。彼は2021年7月19日世界最大のNFTマーケットプレイスであるOpen Sea(オープンシー)で販売。9時間以内に完売して約1,700万円の売り上げを達成。現在までに累積で4,000万円の売上になっている。   NBAのシュートの瞬間動画をNFT化し販売しているTopShot(トップショット)の購入者像はNBA好きの人達であろうという想像がつ…
利回り338%の投資商材としての顔を持つNFTブロックチェーンゲームAxie infinity。
1ヶ月の販売額が880億円(8億ドル)となっているグローバルでNo.1のNFTを使ったブロックチェーンゲームAxie Infintyは投資商材としての顔も持っている。   Axie InfinityはブロックチェーンならではのPlay to Earn(遊びならが稼ぐ)を実現したゲームだ。24枚の手札で対戦するカードゲーム。コンピューターとの対戦と有人との対戦の2つのステージが用意され、それぞれのステージでノルマをクリアすると、独自の暗号資産SLP(スモールラブポーション)がもらえる。   ゲームに参加するためには、最低3枚のNFTを購入しなくてはならず、1枚25,000円程…
日本ではステーブルコインのハードルは極めて高い。一般社団法人ブロックチェーン推進協会BCCCが活動結果として報告。
2021年度8月19日にBCCC(一般社団法人ブロックチェーン推進協会)の総会がZoomで開催された。新任役員に加わったのが、マネーパートナーソリューションズの代表取締役社長の小西啓太氏、LayerXの代表取締役社長 福島良典氏、JPY代表取締役 岡部典孝氏、PwCコンサルティングのシニアマネージャー丸山智浩氏。またエバンジェリストには、グラコネの代表取締役社長 藤本真衣氏が就任した。   また10の部会からの活動報告があった。その中で特に興味深かったのが、最近議論されなくなったステーブルコインだ。資金決済法上の自家型前払式支払手段で暗号資産ではないJPYCの報告とともに、ステーブル…
NFT市場の実態はどうなっているのか。NFTプロジェクト上位100から検証する。
2021年8月19日にコレクティブ系のアート作品を販売している”Art Blocks”の”Fidenza#723”が世界最大のNFTマーケットプレイス”OpenSea(オープンシー)”で2.2億円(2百万ドル/650ETH)で売買された。OpenSea全体では、取引量が51億円(4700万ドル)にも達しており、マクロ的には驚くべき急激な成長をしている。   そこで、NFT市場の実態はどうなっているのか、Crypt Slam!で公開されているNFT Collectible Ranking by Sales Volume(30 days)から分析してみた。 なお、2021年8月19日にお…