数百年続けるからこそブロックチェーン ― スタートバーン 施井泰平氏×丹青社 吉田清一郎氏

数百年続けるからこそブロックチェーン ― スタートバーン 施井泰平氏×丹青社 吉田清一郎氏

株式会社丹青社が提供するアートプラットフォーム「B-OWND(ビーオウンド)」では、スタートバーン株式会社が開発・提供するブロックチェーンを使って作品証明書を実現している。B-OWNDはアート市場の課題を解決できるのか、なぜブロックチェーンなのか、丹青社の吉田清一郎氏とスタートバーンの施井泰平氏に伺った。

 

関連記事:ブロックチェーン採用のアートプラットフォーム「B-OWND」がサービス開始

アート市場の拡大には日本人が心から愛せるものが必要

―― アート市場の説明で、海外に比べると日本の市場規模は小さいという話がありました。その原因は何でしょうか?

 

施井泰平氏 いきなり難しい質問ですね。それは私たちが聞きたいくらいです(笑)。一般論としては、日本と海外を比較するとGDPに対するアートの市場規模が小さい。それから逆算すると、あと3~4倍の伸びしろはあるのではないかということです。

 

もう1つは、寄付税制、美術館とコレクターの関係など、買う側の問題です。ブルジョワのネットワークに入ることができる、税金対策になる、社会的に認められるなど、海外ではアート作品を購入することで得られるインセンティブが多くあります。

 

ただし、それ以外の理由として私が強く感じるのは、コミケ(コミックマーケット)と対比させたときの違いです。アート市場における日本と海外の差は、結局アートというものが日本人にとっては借り物の文化だからではないかと思います。コミケのようなボトムアップのサブカルチャーはものすごい勢いがあります。自分たちの文化として育ててきたものに対しては、心を込められて評価もできるので、マーケットにつながるということです。

 

だからアートでも、日本人が心の底から愛を捧げられるものを生み出して、マーケットにつなげていく必要があると考えています。その意味で、伝統工芸には日本の庶民文化の流れがありますし、そこからアートにつながっていく過程をみんなで体験していけば、よい市場循環をつくり出せるのではないかと思います。

施井泰平氏 スタートバーン株式会社 代表取締役/CEO

吉田清一郎氏 海外との対比については、潜在規模としてまだ小さいということで、国も文化経済政策として取り組んでいます。その結果としてアートが注目されていて、工芸も同じです。

 

アートの世界は西洋由来であるため、その文脈に乗ることができないとなかなか価値は上がりません。工芸については、日常使いするものは「クラフト(工芸)」、鑑賞用は「アート」という分けられ方がされてきました。日本ではアートと同等のものとして位置づけられてきた工芸が、西洋アートの文脈では低く見られてしまうという現状があると感じます。

 

しかし、私たちがB-OWNDで扱おうとしている工芸と呼ぶものは、アートの文脈の価値に乗せていける可能性があります。日本人にとっては昔から馴染みがありますし、日本の家屋との相性もよい。空間事業の会社として、ぜひやっていきたいと考えています。

吉田清一郎氏 株式会社丹青社 文化空間事業部 事業開発統括部長

何百年も続けるにはブロックチェーンでなければ不可能

―― 施井さんはブロックチェーンに出会うより前に、別の方法で似たようなことを実現しようという考えはあったのでしょうか?

 

施井氏 ありました。構想自体は2006年にトークイベントで話したのが最初です。2015年にはウェブサービスとして実現できないかと考えていました。

 

そのサービス内で、二次販売も三次販売もできて、来歴も残せるというものです。しかし、その方法では買った作品をいったんヤフオクなどに流してしまうと、来歴が追えず還元金も不可能という問題がありました。そんなときにブロックチェーンが出てきて、「ああ、これならアート市場の問題を解決できる」とすんなり受け入れることができました。

 

―― アート市場では、遠い過去にさかのぼって作品の来歴を追えることが重要だと言われています。そうなると、アートブロックチェーンネットワーク(ABN)は数百年レベルで継続・維持していかなければならないものですよね?

 

施井氏 アートをブロックチェーンで扱おうとすると、変数が多すぎて大変です。無価値に見えるものから何百億円するものまで、社会的不適合者から超VIPまで、管理されているもの、されていないもの、本当にあらゆるものが対象になります。

 

それが何百年も存在し続けて、その間に価値が変わっていくので、相当高いハードルだと思っています。逆に言えば、こんなことはブロックチェーンでなければ不可能かもしれません。それを最初から考えているからこそ、他のブロックチェーンのプロジェクトに先駆けて、私たちは重大な問題を解決できると考えています。

 

プライベートチェーンやコンソーシアムチェーンを使って、見知った業界内のプレイヤーを集めて運用する動きが盛んです。でも私たちはそうしません。現在はクリスティーズやサザビーズが有力なアートオークションですが、200年後は(イラスト投稿サービスの)ピクシブが世界一のオークションハウスになっている可能性があるわけです。

 

それを、現在の私たちが判断すべきかというと、そうではないはずです。市場原理によって消えたり残ったり、栄枯盛衰があるようなものを扱うには、本当に長いスパンで考える必要があります。

 

―― 利用しているブロックチェーンは何でしょうか?

 

施井氏 イーサリアムです。ただし、「今のところは」という表現になります。Polkadot(ポルカドット)が来年にはリリースされるという話がありますし、さまざまなプロトコルから取捨選択する、もしくは自らプロトコルを開発するという可能性まで含めて、常に議論しています。

スタートバーンや私が存在しなくても数百年残るものをめざす

―― ABNは、B-OWNDのためだけのプラットフォームではなく、他にも開かれていて、志をもつ人が引き継いでいけるオープン性が求められます。

 

施井氏 そのとおりです。丹青社さんもそうですが、私たちと一緒にやりましょうと言ってくれる方々は、基本的に「僕らが作ったものを組み込んでください」というのではなく、みんなで一緒にどうあるべきか考えていきましょうというスタンスです。

 

B-OWNDの説明では「スタートバーンが作ったABN」と表現していましたが、あれは現在は正しいものの、将来的にはパブリックな存在にしていかなければならないです。スタートバーンがなくなり、私が死んだとしても、数百年残っていくものをめざさないといけないですね。

 

―― 施井さんは、スタートバーンの取り組みを「アートの民主化」と表現しています。一方で、これまでのアートの世界は、閉じたコミュニティ内での取引やそこに参加できる特権性など、むしろ情報の曖昧さや閉鎖性、限定性という要素が価値を作る土台になっていました。これらはブロックチェーンによって透明化され、消滅したり、変化したりするということでしょうか?

 

施井氏 これはよく誤解される部分で、きちんと否定もしていますが、私はこれまで「透明化」という点を強調したことはありません。「透明化する」と言って、アート業界が喜ぶわけがありません。

 

透明化はめざしていません。さらに言えば、フラット化もめざしていません。むしろ、アート市場のピラミッドがあるとすると、頂上部分は密室でいいのです。ただし、密室であっても底辺部分とつながっている必要はあります。最初は周知の状態にあって、徐々に密室になっていっても、ブロックチェーンがあれば管理できます。

 

民主化という言葉が意味しているのは、どちらかというと「トラストレス」のほうです。これまで情報を制限する必要があったのは、信頼できる人に渡さないと偽物が流通してしまうからです。見知った人にしか売りたくない。しかしブロックチェーンを使えば解決できるということです。

 

取材日:2019年4月19日

取材・文・写真:仲里 淳