3分で知るブロックチェーン業界の1週間[5/6-5/12]イーサリアム開発者会議が大阪開催/エイベックスがブロックチェーン子会社設立/ほか

3分で知るブロックチェーン業界の1週間[5/6-5/12]イーサリアム開発者会議が大阪開催/エイベックスがブロックチェーン子会社設立/ほか

「WEEKLY DIGEST:3分で知るブロックチェーン業界の1週間」では、国内の企業や団体を中心にブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。

 

WEEKLY DIGESTバックナンバー

05/10(金)

イーサリアム開発者会議「Devcon 5」を大阪で開催

情報源:Devcon 5 October 8-11, 2019

 

イーサリアムの開発者向けカンファレンス「Devcon 5」が、2019年10月8~11日に大阪で開催される。これは、5月10日に米国ニューヨークで開催されたイベント「Ethereal Summit New York」において、イーサリアム財団の宮口礼子氏から発表された。

 

同イベントはイーサリアム財団主催で毎年開催されており、イーサリアム関連のイベントとしては最大級のものとなる。例年、イーサリアムの考案・開発者であるヴィタリック・ブテリン氏などが登壇し、イーサリアムのヴィジョンやロードマップや示されるため、ブロックチェーン業界全体から注目を集めている。

 

これまでの開催地は以下のとおり。

 

第1回 2015年11月(英国、ロンドン)
第2回 2016年9月(中国、上海)
第3回 2017年11月(メキシコ、カンクン)
第4回 2018年10月(チェコ、プラハ)

 

05/09(木)

エイベックスがブロックチェーン事業を行う子会社設立

情報源:子会社設立に関するお知らせ | エイベックス株式会社

 

エイベックス株式会社は、100%子会社としてエイベックス・テクノロジーズ株式会社の設立を発表した。プレスリリースでは、その目的を「テクノロジーの進化に伴う新たなIP(知的財産権)創造のあり方に呼応し、当社グループにおけるIPを軸としたデジタルトランスフォーメーションに寄与すること」としている。また、おもな事業内容には「クラウド及びブロックチェーン技術を用いたIP(ゲーム、映像、音楽及びVR等)並びにシステムの企画、開発、制作及び販売等」と記されている。

 

エイベックスは2018年6月にエンタメコイン株式会社を設立し、ブロックチェーンを使った「エールポケット」というポイントサービスを展開している。エイベックス・テクノロジーズのグループ内における役割としては、技術面を中心に担当する形でグループ各社と連携するか、または独自の製品・サービスを提供していく可能性がある。

クロスキャットとScalarが業務提携、ブロックチェーンを使ったサービス開発へ

情報源:分散型台帳技術のサービス実用化に向け、クロスキャットとスカラー社が業務提携アプリ開発と営業を共同で展開 | 株式会社クロスキャット
情報源:株式会社クロスキャットと業務提携いたしました | 株式会社Scalar

 

株式会社クロスキャットは、株式会社Scalarとの業務提携により、Scalar社が提供する分散型台帳技術「Scalar DLT」を活用したサービスの開発に着手すると発表した。

 

Scalar DLTは、トランザクション管理機能とスケーラビリティを有するブロックチェーン/分散台帳技術で、これまで課題とされていたスケーラビリティや強い一貫性、確定性を実現している。クロスキャットは、この特徴を活用した独自のフィンテックサービスを開発するとしている。

05/06(月)

分散台帳技術のOSS「Hyperledger Iroha 1.0」がリリース

情報源:Hyperledger Iroha 1.0 リリース | Linux Foundation

 

ブロックチェーン/分散台帳技術のオープンソースプロジェクトであるHyperledgerは、「Hyperledger Iroha 1.0」の一般提供を発表した。Hyperledger Irohaは、Linux Foundationがホストする「Hyperledger Fabric」「Hyperledger Sawtooth」「Hyperledger Indy」に続いてバージョン1.0に達した4番目のHyperledgerプロジェクトとなる。ソラミツ株式会社などが中心となって開発を行ってきた。

 

Hyperledger Irohaは、ブロックチェーン環境の導入を容易にするほか、デジタル資産管理、マルチシグニチャーによる署名管理、高度なアクセスコントロール、プライバシー保護や利用者保護の機能などを備える。

 

WEEKLY DIGESTバックナンバー

 

構成・文:仲里淳