3分で知るブロックチェーン業界の1週間[5/27-6/2]楽天ウォレットがサービス延期/ヤフー系列取引所「TAOTAO」開始/ほか

3分で知るブロックチェーン業界の1週間[5/27-6/2]楽天ウォレットがサービス延期/ヤフー系列取引所「TAOTAO」開始/ほか

「WEEKLY DIGEST:3分で知るブロックチェーン業界の1週間」では、国内の企業や団体を中心にブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。

 

WEEKLY DIGESTバックナンバー

 

05/31(金)

資金決済法&金商法の改正法案が成立

情報源:第198回国会における金融庁関連法律案 | 金融庁

 

仮想通貨(暗号資産)にかかわる法規制が盛り込まれた「資金決済に関する法律」(資金決済法)と「金融商品取引法」(金商法)の改正法案が参議院本会議において与党などの賛成多数により可決され、原案通りで成立。今後1年以内をめどに施行される予定となっている。

ブロックチェーン都市加賀市で住民ID基盤採用

情報源:行政サービスをデジタル化する住民ID基盤「GaaS(Government as a Service)」を公開 石川県加賀市から全国へ向けてデジタル・ガバメントを推進 | 株式会社スマートバリュー

 

株式会社スマートバリューは、石川県加賀市の行政サービス提供ポータルサイト「POTAL(ポータル)」を公開した。POTALは、同社が開発するブロックチェーン技術を用いた日本初の住民ID基盤「GaaS(Government as a Service)」が利用されている。

 

同社と加賀市は、2018年3月から共同でブロックチェーン都市プロジェクトを推進しており、GaaSの採用はこれが初めてとなる。

05/30(木)

中部電力とCryptoeconomicsがP2P電力取引で共同実験

情報源:ブロックチェーンを活用した個人間電力取引に関する実証実験の開始について | 中部電力株式会社

 

中部電力株式会社と株式会社Cryptoeconomics Labは、ブロックチェーンを活用して余剰電力を個人間で取引する実証実験を開始する。期間は2019年5月30日~10月30日で、中部電力の社員30名程度が参加する。

 

この実証実験では、Energy Web Foundationのブロックチェーンを活用した取引プラットフォーム上で、売買のマッチング、契約の締結、履行までを自動で行い、第三者を介さずに適正な取引管理が行われているかを検証する。

 

また、売り注文を行う際にユーザーの名前や顔写真、所在地を示すことで、発電量や価格以外の要素が取引に与える影響についても検証する。

楽天ウォレットがサービス提供の開始を延期

情報源:サービス開始時期に関するお知らせ | 楽天ウォレット株式会社

 

楽天ウォレット株式会社は、6月以降にサービス提供開始としていた暗号資産取引サービス「楽天ウォレット」について、サービス提供を今夏以降に延期する。

 

安全かつ快適なサービスを提供するために、さらなるサービスの品質向上とセキュリティ面の強化に取り組むとしている。

Money TapのQRコード決済実験を東京六本木で実施

情報源:「Money Tap加盟店決済サービス」実証実験ならびにマネータップ株式会社の「電子決済等代行業」登録に関するお知らせ | マネータップ株式会社

 

SBIグループのマネータップ株式会社は、スマートフォン用送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を用いて実店舗での支払いが行える「Money Tap加盟店決済サービス」の実証実験を開始した。

 

Money Tapは、米国Ripple社の分散台帳技術「xCurrent」を基盤とし、銀行口座から銀行口座への個人間送金を24時間いつでも可能にする。

 

この実証実験では、利用者の一部を対象に六本木一丁目泉ガーデンタワー内の飲食店などでQRコード加盟店決済を行い、各種顧客体験を検証して年内の本格サービスにつなげるとしている。

ヤフー系列の仮想通貨取引所「TAOTAO」開始

情報源:仮想通貨取引所「TAOTAO」、本日よりサービス開始 「手数料すべて無料になっちゃうキャンペーン」も同時スタート | TaoTao株式会社

 

TaoTao株式会社は、仮想通貨取引所「TAOTAO」の営業を5月30日から開始した。また、TAOTAO誕生記念のキャンペーン第2弾として、同日より「手数料すべて無料になっちゃうキャンペーン」を実施する。

 

TaoTaoは、ヤフー株式会社の子会社であるZコーポレーション株式会社が出資している。

05/28(火)

digglueとマイクロソフトがブロックチェーン教育コンテンツ開発で連携

情報源:ブロックチェーンの教育分野において、日本マイクロソフトと連携を開始 | 株式会社digglue

 

株式会社digglueと日本マイクロソフト株式会社は、ブロックチェーンの教育コンテンツ開発などで連携する。

 

ブロックチェーンの市場拡大とともに、ブロックチェーン技術者や開発のニーズも増えつつある。Blockchain as a Service(BaaS)の活用によってプロジェクトに必要な機能を簡易かつ迅速に実現できる一方、それらの技術を学習できる環境が少ないことが課題となっている。

 

そこで、Microsoft Azureが提供する「Ethereum Proof-of-Authority on Azure」などのBaaSをベースに、ブロックチェーンの技術や必要な機能を学べる環境を両社で共同開発する。まずは、ブロックチェーンの基本的な仕組み、Azureの導入方法、Azureを活用したプロジェクト立ち上げ方法などの解説コンテンツを提供する。さらにその後は、Azureを使った導入支援サービスや資格認定なども開発するとしている。

 

digglueは、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」やブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを提供している。

05/27(月)

一般ブラウザーでのDApps利用を可能にする「Quragé Link」

情報源:特許出願!DAppsを一般的なブラウザで利用可能に モバイル署名管理サービス「Quragé Link」リリース | 株式会社モバイルファクトリー

 

株式会社ビットファクトリーは、ブロックチェーンアプリ(DApps)を特定ブラウザに依存せず、Google ChromeやSafariなどの一般的なブラウザで利用できるようにするモバイル署名管理サービス「Quragé Link」をリリースした。

 

Quragé Linkはブロックチェーンの署名処理を一元管理できるモバイル署名管理サービスで、ユーザーと開発者の双方にメリットを提供する。

 

ビットファクトリーは株式会社モバイルファクトリーの子会社で、DAppsの普及を目指す「Uniqys」プロジェクトなどを運営している。

 

WEEKLY DIGESTバックナンバー

 

構成・文:仲里淳

 

Profile

「WEEKLY DIGEST:3分で知るブロックチェーン業界の1週間」では、国内の企業や団体を中心にブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。

 

WEEKLY DIGESTバックナンバー

 

05/31(金)

ブロックチェーン都市加賀市で住民ID基盤採用

情報源:行政サービスをデジタル化する住民ID基盤「GaaS(Government as a Service)」を公開 石川県加賀市から全国へ向けてデジタル・ガバメントを推進 | 株式会社スマートバリュー

 

株式会社スマートバリューは、石川県加賀市の行政サービス提供ポータルサイト「POTAL(ポータル)」を公開した。POTALは、同社が開発するブロックチェーン技術を用いた日本初の住民ID基盤「GaaS(Government as a Service)」が利用されている。

 

同社と加賀市は、2018年3月から共同でブロックチェーン都市プロジェクトを推進しており、GaaSの採用はこれが初めてとなる。

05/30(木)

中部電力とCryptoeconomicsがP2P電力取引で共同実験

情報源:ブロックチェーンを活用した個人間電力取引に関する実証実験の開始について | 中部電力株式会社

 

中部電力株式会社と株式会社Cryptoeconomics Labは、ブロックチェーンを活用して余剰電力を個人間で取引する実証実験を開始する。期間は2019年5月30日~10月30日で、中部電力の社員30名程度が参加する。

 

この実証実験では、Energy Web Foundationのブロックチェーンを活用した取引プラットフォーム上で、売買のマッチング、契約の締結、履行までを自動で行い、第三者を介さずに適正な取引管理が行われているかを検証する。

 

また、売り注文を行う際にユーザーの名前や顔写真、所在地を示すことで、発電量や価格以外の要素が取引に与える影響についても検証する。

楽天ウォレットがサービス提供の開始を延期

情報源:サービス開始時期に関するお知らせ | 楽天ウォレット株式会社

 

楽天ウォレット株式会社は、6月以降にサービス提供開始としていた暗号資産取引サービス「楽天ウォレット」について、サービス提供を今夏以降に延期する。

 

安全かつ快適なサービスを提供するために、さらなるサービスの品質向上とセキュリティ面の強化に取り組むとしている。

Money TapのQRコード決済実験を東京六本木で実施

情報源:「Money Tap加盟店決済サービス」実証実験ならびにマネータップ株式会社の「電子決済等代行業」登録に関するお知らせ | マネータップ株式会社

 

SBIグループのマネータップ株式会社は、スマートフォン用送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を用いて実店舗での支払いが行える「Money Tap加盟店決済サービス」の実証実験を開始した。

 

Money Tapは、米国Ripple社の分散台帳技術「xCurrent」を基盤とし、銀行口座から銀行口座への個人間送金を24時間いつでも可能にする。

 

この実証実験では、利用者の一部を対象に六本木一丁目泉ガーデンタワー内の飲食店などでQRコード加盟店決済を行い、各種顧客体験を検証して年内の本格サービスにつなげるとしている。

ヤフー系列の仮想通貨取引所「TAOTAO」開始

情報源:仮想通貨取引所「TAOTAO」、本日よりサービス開始 「手数料すべて無料になっちゃうキャンペーン」も同時スタート | TaoTao株式会社

 

TaoTao株式会社は、仮想通貨取引所「TAOTAO」の営業を5月30日から開始した。また、TAOTAO誕生記念のキャンペーン第2弾として、同日より「手数料すべて無料になっちゃうキャンペーン」を実施する。

 

TaoTaoは、ヤフー株式会社の子会社であるZコーポレーション株式会社が出資している。

05/28(火)

digglueとマイクロソフトがブロックチェーン教育コンテンツ開発で連携

情報源:ブロックチェーンの教育分野において、日本マイクロソフトと連携を開始 | 株式会社digglue

 

株式会社digglueと日本マイクロソフト株式会社は、ブロックチェーンの教育コンテンツ開発などで連携する。

 

ブロックチェーンの市場拡大とともに、ブロックチェーン技術者や開発のニーズも増えつつある。Blockchain as a Service(BaaS)の活用によってプロジェクトに必要な機能を簡易かつ迅速に実現できる一方、それらの技術を学習できる環境が少ないことが課題となっている。

 

そこで、Microsoft Azureが提供する「Ethereum Proof-of-Authority on Azure」などのBaaSをベースに、ブロックチェーンの技術や必要な機能を学べる環境を両社で共同開発する。まずは、ブロックチェーンの基本的な仕組み、Azureの導入方法、Azureを活用したプロジェクト立ち上げ方法などの解説コンテンツを提供する。さらにその後は、Azureを使った導入支援サービスや資格認定なども開発するとしている。

 

digglueは、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」やブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを提供している。

05/27(月)

一般ブラウザーでのDApps利用を可能にする「Quragé Link」

情報源:特許出願!DAppsを一般的なブラウザで利用可能に モバイル署名管理サービス「Quragé Link」リリース | 株式会社モバイルファクトリー

 

株式会社ビットファクトリーは、ブロックチェーンアプリ(DApps)を特定ブラウザに依存せず、Google ChromeやSafariなどの一般的なブラウザで利用できるようにするモバイル署名管理サービス「Quragé Link」をリリースした。

 

Quragé Linkはブロックチェーンの署名処理を一元管理できるモバイル署名管理サービスで、ユーザーと開発者の双方にメリットを提供する。

 

ビットファクトリーは株式会社モバイルファクトリーの子会社で、DAppsの普及を目指す「Uniqys」プロジェクトなどを運営している。

 

WEEKLY DIGESTバックナンバー

 

構成・文:仲里淳