3分で知るブロックチェーン業界の1週間[8/19-8/25]初の交換業廃業/コインチェックがIEO/仮想通貨で電子マネーチャージ/ほか

3分で知るブロックチェーン業界の1週間[8/19-8/25]初の交換業廃業/コインチェックがIEO/仮想通貨で電子マネーチャージ/ほか

「WEEKLY DIGEST:3分で知るブロックチェーン業界の1週間」では、国内の企業や団体を中心にブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。

 

WEEKLY DIGESTバックナンバー

 

08/22(木)

「Zaif」元運営のテックビューロが仮想通貨交換業を廃業

情報源:弊社仮想通貨交換業の終了に伴うお客様への解約及び返金の開始(2019年9月2日~)と今後について | テックビューロ株式会社

 

テックビューロ株式会社は、仮想通貨交換業を廃業すると発表した。同社は仮想通貨交換所「Zaif」の元運営企業で、現在は株式会社フィスコ仮想通貨取引所に移管している。2018年10月10日にテックビューロとフィスコ間で事業譲渡契約を締結した際に、手続き完了後に仮想通貨交換業の登録廃止と解散を行う予定だと発表していた。なお、仮想通貨交換業の廃業は日本で初めて。

コインチェックがIEO事業の検討を開始

情報源:ユーティリティ・トークンによる資金調達支援事業の検討開始について | コインチェック株式会社

 

コインチェック株式会社は、ユーティリティ・トークンによる資金調達支援事業の検討を開始したと発表した。

 

トークンによる資金調達を仮想通貨取引所が支援する事業は「IEO(Initial Exchange Offering)」とも呼ばれている。企業やプロジェクトなどの発行体がユーティリティ・トークンを発行して資金調達を行うICO(Initial Coin Offering)の一種だが、仮想通貨取引所が主体となって発行体のトークンの販売を行う点が特徴。ICOのメリットを維持しつつ、課題とされていた信頼性を担保できる手法として注目されている。

08/21(水)

ディーカレットで仮想通貨による電子マネーチャージが可能に

情報源:電子マネーチャージ、レバレッジ取引サービスの利用開始およびETHの取扱いのお知らせ | 株式会社ディーカレット

 

株式会社ディーカレットは、仮想通貨の「電子マネーチャージ」サービスを開始した。このサービスでは、スマホのDeCurretアプリを使って、仮想通貨を「auウォレット」「楽天Edy」「nanaco」といった電子マネーにチャージし、決済に利用できる。

 

実際のチャージは、「EdyギフトID」「nanacoギフト」を使った交換で、申請と対象サービスで受け取りが必要となる。また、チャージに利用する仮想通貨は複数を組み合わせることができる。

08/20(火)

OrbのDLT技術を使った地域通貨「常若通貨」開始

情報源:九州電力へのOrb DLT提供および 地域通貨「常若通貨」の提供開始のお知らせ | 株式会社Orb

 

株式会社Orbは、分散台帳技術を使ったコミュニティ通貨プラットフォーム「Orb DLT」を利用して、株式会社筑邦銀行が通貨発行体となる地域通貨「常若通貨(とこわかつうか)」の提供を開始した。

 

常若通貨は、2019年8月に開催される宗像国際環境会議にて利用可能な地域通貨で、スマートフォンを使った決済ができる。

ビットコイン払いでTポイントが貯まる、Tポイントをビットコインに交換できるプログラム開始

情報源:bitFlyerとTポイント・ジャパンとの業務提携について~Tポイントを使って「ビットコイン」が付与されます~ | 株式会社bitFlyer

 

株式会社bitFlyerと株式会社Tポイント・ジャパンは、業務提携契約を締結して、bitFlyerでTポイントを貯めたり、使えたりできる「Tポイントプログラム」を開始した。

 

このプログラムにより、bitFlyerの仮想通貨取引所のユーザーは、Tポイント100ポイントにつき、85円相当のビットコインが付与される。また、対象加盟店にて、bitFlyerウォレットでビットコイン決済を行うと、500円の支払いごとにTポイント1ポイントを貯めることができる。

08/19(月)

楽天ウォレットが仮想通貨の現物取引サービスを開始

情報源:現物取引サービス提供開始のお知らせ | 楽天ウォレット株式会社

 

楽天ウォレット株式会社は、8月19日から仮想通貨の現物取引サービスを開始した。スマホアプリ(Android用アプリ。iOSアプリは9月配信予定)を提供しており、スマートフォン上でサービスを利用できる。

 

このアプリでは、24時間365日いつでも仮想通貨の購入・売却や仮想通貨入出庫の手続きができる。ほかにも、ユーザーが所有する資産の確認、リアルタイムのチャート・レート確認など、仮想通貨の運用に便利な機能を多数そろえている。

J2「FC琉球vs横浜FC」戦で敢闘賞の小野伸二選手にビットコイン贈呈

情報源:GMOコイン冠協賛試合「FC琉球vs横浜FC」戦 ~敢闘賞の小野伸二選手に、GMOコインより「1ビットコイン=約109万円」を贈呈~ | GMOコイン株式会社

 

GMOコイン株式会社は、明治安田生命J2リーグFC琉球の冠協賛試合として8月17日に開催されたJ2リーグ第28節「FC琉球vs横浜FC」戦において、敢闘賞に選出された小野伸二選手に「1ビットコイン=約109万円」を贈呈した。

 

GMOコインとFC琉球を運営する琉球フットボールクラブは、8月15日にブロックチェーン技術を活用したFC琉球の新ファンクラブサービス開発プロジェクトを発表している。

 

WEEKLY DIGESTバックナンバー

 

構成・文:仲里淳