[プレスリリース]ブロックチェーン・サミット開催について

[プレスリリース]ブロックチェーン・サミット開催について

[プレスリリース]コーナーでは、企業から提供されたブロックチェーン関連のプレスリリースを掲載しています。
本コーナーに掲載する記事の内容は、提供されるプレスリリースをそのまま掲載したものであり、その内容を編集部が保証するものではありません。

プレスリリースの掲載をご希望の方は、「プレスリリースの掲載について」をご覧ください。

プレスリリース一覧

 

プレスリリース提供企業:株式会社日本経済新聞社

プレスリリース配信日:2020年1月28日

 

日本経済新聞社と金融庁は、ブロックチェーン(分散型台帳)技術の社会実装に伴う国際ルールのあり方を議論する国際会議「BlockchainGlobalGovernanceConference(BG2C) FIN/SUMBlockchain&Business(FIN/SUMBB)」を2020年3月9日(月)、10日(火)の両日、室町三井ホール&カンフェランス(東京・日本橋)にて開催します。

 

同会議はフィンテックの活用をテーマにした国際イベント「FIN/SUM(フィンサム)」の派生イベントとして開催するものです。ブロックチェーンは「価値のインターネット」として暗号資産、デジタル通貨、セキュリティトークンなど分散型金融技術の中核をなすものですが、自立分散型の技術の進展に伴う国際ルールや規制についてはまだ十分な議論がされていない状況にあります。

 

セキュリティやプライバシー、追跡可能性などの問題については、各国の規制当局の間で、幅広いステークホルダーの参画が重要であるとの国際的な合意が得られています。こうした議論・合意に基づき、分散型金融システムにおける「マルチステークホルダーガバナンス」を実現すべく、会議では様々なステークホルダーによる相互理解を深め、協調のあり方を探求するための、中立な議論の土台の構築を目的とします。

 

ブロックチェーンの活用は、金融分野だけでなく、貿易、サプライチェーン、ロジスティクスなどの様々な産業分野にも広がりをみせています。本コンファレンスでは多様なビジネスへの活用法も紹介します。すでにあるビジネスモデルや将来の可能性など、既存の取り組みとその実現において克服すべき課題などについても広く議論します。

 

会議には世界各国からブロックチェーン関連で活躍する技術者や、大学・関連機関の研究者、事業者、消費者、規制当局者などを幅広く招聘し、同技術の社会実装に伴う国際ルール、ガバナンスのあり方等について、それぞれの立場を踏まえて意見交換をし、必要な解決策に向けた道筋づくりなどを目指します。

 

<イベント概要は以下の通りです>
名称:BlockchainGlobalGovernanceConference(BG2C)FIN/SUMBlockchain&Business
期間:2020年3月9日(月)、10日(火)
会場:室町三井ホール&カンファレンス
東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号COREDO室町テラス3階)
主催:日本経済新聞社、金融庁
チケット:一般5万円(税込み)、公務・学術、スタートアップ3万円(同)、学生1万5千円(同)
公式サイト:https://bg2c.net

 

[プレスリリース]コーナーでは、企業から提供されたブロックチェーン関連のプレスリリースを掲載しています。
本コーナーに掲載する記事の内容は、提供されるプレスリリースをそのまま掲載したものであり、その内容を編集部が保証するものではありません。

プレスリリースの掲載をご希望の方は、「プレスリリースの掲載について」をご覧ください。

プレスリリース一覧