世界最大の暗号資産取引所コインベースが550億円の暗号資産への投資を発表。

世界最大の暗号資産取引所コインベースが550億円の暗号資産への投資を発表。

CoinBase(コインベース)の8月20日の投稿によれば投資ポリシーを変更して自社でも暗号資産への投資ができるようにしたとのこと。

ポリシー変更に伴った今後の投資戦略は、5億ドル(550億円)の流動資産と四半期純利益の10%を暗号資産へ投資するという内容。Coinbaseは、ビットコイン、イーサリアム、その他DeFI関連などのアルトコインなど幅広い暗号資産を貸借対照表に記載する初めての上場企業になる。投資家向けには、暗号資産に対する「長期投資家」と説明し売却は上場廃止や財務的に厳しくなった時などの特定の状況下でしか行わない。まお、顧客との利益相反にならいないようにOTCデスクで取引を行うとのことだ。

世界最大の暗号資産取引所が、自ら暗号資産の投資家となる。しかも売却しないという事は買い圧だけをつくるとの事なので、暗号資産市場には追い風なのは間違いない。

ビットコインを中心とした暗号資産への投資を行う上場企業は日本でも増えてきている。暗号資産やブロックチェーンとは無関係なEC事業者である東証ジャスダック上場企業であるEストアーもビットコインを保有しており1億円の含み益を計上している。今後暗号資産の未来を期待して純投資のポトフォリィオに組み込む上場企業はさらに増えそうだ。

 

(マザー中村)