イーサリアム2.0のステーキングに特化した団体が誕⽣。

イーサリアムの創業者であるヴィタリック・ブテリンが設⽴したイーサリアム財団からのグラントでICOVOが中⼼となり設⽴

 

2021年8⽉時点でイーサリアムは時価総額30兆円を超え、イーサリアム2.0への本格的な移⾏前にも関わらず既に204,299アドレス640万 ETH、1200億円以上がステーキングでロックされ、盛り上がりを⾒せているイーサリアム2.0のステーキング。このステーキングに特化した団体、イーサリアムステーキング協会が⽇本に誕⽣した。

 

 

イーサリアム財団と密な連携をとり、⽇本においてイーサリアムのステーキングに関する正しい知識の発信を通して、ステーキングをより⾝近にし、バリデーターとして活躍する全ての組織、個⼈を⽀援する計画だ。

アドバイザーとしてイーサリアム財団のエクゼクティブディレクターの宮⼝あや⽒、イーサリアム2.0の開発の中⼼エンジニアのコアリサーチャーDanny Ryan⽒が就任。代表理事にICOVOのCEO⼭瀬明宏、CTO⻄村祥⼀が共同で就任。理事にさくらインターネット代表取締役社⻑の⽥中邦裕⽒と、Fracton Ventures Co-Founder鈴⽊雄⼤⽒が就任。監事には株式会社ケンタウロスワークスCEO / 弁護⼠の三枝充⽒、⾦井公認会計⼠事務所、⾦井正義⽒が就任。顧問としてアンダーソン・⽑利・友常法律事務所の河合健⽒が就任した。なお、ファウンダーは、ICOVOの⼭瀬明宏、⻄村祥⼀に加えてImpero Japan Co., Ltd./Directorの原島和⾳⽒、株式会社Moblo代表取締役の吉⽥剛⽒の4⼈。8⽉31⽇に協会設⽴にあたり設⽴総会を開催した。

 

 

参加企業のベネフィットは、イーサリアム財団との密な連携をとることができイーサリアムステーキングに関与する事業者にとって必須な最新の正しい情報を⽇本語で得る事ができる点だ。会員企業として想定しているのが、イーサリアムステーキングをユーザー向けのサービスとしての取り扱いを検討している仮想通貨取引所、ノードのホスティングを⾏うデータセンターやクラウド事業者、フィンテックおよびブロックチェーン関連スタートアップ事業者などである。

なお、会員の受付に関しては詳細が決まり次第協会のウェブサイトで募集を開始する予定である。また設⽴時は任意団体だが、社団法⼈として登記して活動していく計画だ。

 

協会の最大の目玉は、Danny Ryan氏と西村祥一氏の関与だ。Danny Ryan氏はイーサリアムのコアディベロッパーとして活動しており、実質的にイーサリアム2.0の開発の中心人物。彼の参加によって、情報が遅れぎみの日本に対して、グリーバルでリアルタイムに重要な情報が得られる。また代表理事の西村祥一氏は、ネイティブレベルの英語力を持ったブロックチェーン業界のトップエンジニアであり、英語と技術の2つのツールを使って、Danny Ryan氏から得た難解なブロックチェーンの最新技術をわかりやすいくかみくだき日本語に置き換えることができる。

 

<イーサリアムステーキング協会について>

設⽴ 2021年8⽉

代表理事:⼭瀬明宏、⻄村祥⼀(ICOVO)

アドバイザー:宮⼝あや、Danny Ryan(イーサリアム財団)

https://ethstaki.ng/

contact@ethaki.ng

PDF資料

 

<ICOVOについて>

イーサリアム1.0からトークンやNFTを使ったプロダクトを⽣み出し、イーサリアムレイヤー2、イーサリアム2.0関連プロジェクトの創出も⾏なっている。

ICOVO AG

設⽴ 2017年 4⽉

CEO ⼭瀬明宏

本社:スイス ツーク

⽇本⼦会社:株式会社ICOVO Japan

https://icovo.co/

conact@icovo.co

 

<イーサリアム財団について>

イーサリアムの創業者Vitalik Buterin、エクゼクティブディレクターの宮⼝あや⽒、ボードメンバーPatrick Storchenegerの3⼈が中⼼となっている財団。

https://ethereum.foundation/