TAGイーサリアム

「イーサリアム 2.0 が正式にいつローンチするのか?」イーサリアム財団のキーマンが回答するイベントが開催。
10月26日にイーサリアム財団のコアリサーチャー兼協会のアドバイザーとなっているDanny Ryan氏をスピーカーに招いたAMA(Ask Me Anything)イベントを開催。 「イーサリアム 2.0 の開発の具体的な進捗状況」や「いつ イーサリアム 2.0 が正式にローンチするのか」といった質問に対する回答がイーサリアム2.0の開発の中心にいるコアリサーチャーDanny Ryan氏から直接得られる機会。 イーサリアムステーキング協会(共同代表理事 西村祥一/山瀬明宏)は、2021年10月26日に、同協会のアドバイザーに就任しているEthereum Foundation(イーサリアム財団)の…
ICOVOが独自ブロックチェーンが簡単に構築できるイーサリアムレイヤー2ソリューション”VELOCITY”をリリース。
チェーンの継続リスクの排除と⼿数料をコントローラブルにできる独⾃ブロックチェーン構築ソリューション。   イーサリアムが抱えるスケーラビリティの課題を解決するためのレイヤー2ソリューション。スケーラビリティを確保するため、複雑なコンセンサス・アルゴリズムを省き、PoA (プルーフ・オブ・オーソリティ) による軽量な処理を実現。イーサリアムへのアンカリングによってスケーラビリティと改竄検知の両⽴を実現。イーサリアム互換のEVM実装。メ ジャーなウォレットMetamaskなどにも対応。⾃社でコントローラブルな独⾃のブロックチェーン構築に最適。   ICOVO Japan(本社:…
NFT市場の実態はどうなっているのか。NFTプロジェクト上位100から検証する。
2021年8月19日にコレクティブ系のアート作品を販売している”Art Blocks”の”Fidenza#723”が世界最大のNFTマーケットプレイス”OpenSea(オープンシー)”で2.2億円(2百万ドル/650ETH)で売買された。OpenSea全体では、取引量が51億円(4700万ドル)にも達しており、マクロ的には驚くべき急激な成長をしている。   そこで、NFT市場の実態はどうなっているのか、Crypt Slam!で公開されているNFT Collectible Ranking by Sales Volume(30 days)から分析してみた。 なお、2021年8月19日にお…
ビットコインとイーサリアムどちらを買うべきか?〜米国人と日本人の時系列保有率分析から紐解く〜
2021年8月10日に開示された米国の仮想通貨取引所”Coinbase(コインベース)”の投資家向けのShareholder Letterによれば、2021年Q2(4月~6月)の仮想通貨の種類別保有額の比率は、ビットコイン47%に対してイーサリアム24%、その他25%となっている。対して日本の全ての仮想通貨取引所が加盟しているJVCEA発表の日本の仮想通貨取引所の合算ではビットコイン50%に対してイーサリアム20%、その他30%となっている。 米国人は、日本人と比較して、ビットコインよりもイーサリアムやその他の仮想通貨を保有する人の方が多いという結果だ。 また、興味深いのが、Coi…
来春にイーサリアムの流通量は13%も減少する。大幅な価格上昇が期待できる驚愕の結果。
<イーサリアム流通量予測分析>
 2021年5月にニューファウンドリサーチ社の共同創業者件CIOのCorey Hoffstein( ホフマン)が”The triple halvening”という言葉で現在のイーサリアムを表現した。 この言葉が意図している意味は、イーサリアムを取り巻く環境はビットコインの半減期の3回分に相当する流通量の減少効果(デフレ効果)があるという事だ。一般的に流通量が減少する(バーンまたはロックする)とそのトークンの価値は上昇する。つまりイーサリアム価格が大幅に上がるとの見解だ。   そこで、ウルトラサウンドのデータをベースにイーサリアムの流通量の予測シュミレーションを行ってみた。イーサリアム…
「Uniswap」プロトコルを使ってEtherとERC20トークンの交換アプリを作ろう
分散型取引のためのプロトコル「Uniswap(ユニスワップ)」を使うと、非常に分散的でありながら優れたユーザー体験を実現できます。この記事では、EtherとERC20トークンを交換する簡単なアプリ開発をとおしてUniswapを理解し、その実装ノウハウを学びます。 はじめに ブロックチェーンは、誰もが使えて誰も支配しないパブリックな台帳を歴史上初めて実現しました。しかし、実際には多くの中央集権的な交換所がハッシュパワーとプライベートキーを支配しているのが現状です。中央集権的な交換所は法定通貨と暗号通貨を交換するのには不可欠なのですが、その存在は当初のビットコインの哲学とは反しています。ブロックチ…
3分で知るブロックチェーン業界の1週間[5/6-5/12]イーサリアム開発者会議が大阪開催/エイベックスがブロックチェーン子会社設立/ほか
「WEEKLY DIGEST」では国内の企業や団体を中心に、過去1週間分のブロックチェーン関連の注目リリースや発表資料を厳選して紹介します。
「いまブロックチェーンで起業できる人は幸せ」とgumi國光宏尚氏らが学生にアドバイス~HashHub Conference 2018レポート
去る2018年7月21日に、株式会社HashHubが主催する「HashHub Conference 2018」が東京大学伊藤謝恩ホールで開催された。暗号通貨とブロックチェーンの現状について、技術や規制、市場など多面的な視点で議論がなされた。本稿では、その中から2つのパネルディスカッション「起業家によるブロックチェーン時代のアプローチ」と「暗号通貨、ブロックチェーンの限界とその先」をレポートする。(肩書きはすべてカンファレンス当日のもの) 起業家はブロックチェーンにどうアプローチするのか まず、「起業家によるブロックチェーン時代のアプローチ」のセッションでは、主催する株式会社HashHubの共同…