TAGフィンテック

Libraは何をもたらすのか? その可能性と規制のゆくえから考えるお金の理想と現実[FIN/SUM 2019討論]
日本経済新聞社と金融庁が主催する国際イベント「FIN/SUM 2019」が、9月3日から6日まで東京都内で開催された。フィンテックや規制管理に技術を活用するレグテック(RegTech)について、世界中から集まった専門家たちが議論が繰り広げた。フェイスブックを中心に進められている仮想通貨「Libra(リブラ)」は、数あるテーマの中でも注目度が高く、多くのセッションで取り上げられた。 本稿では、初日となる9月3日に行われた「お金はどうあるべきか FBリブラの衝撃 Part2(国内編)」の模様をお届けする。 Libraに対する印象と是非は各者各様 今回のFIN/SUMで重要トピックの1つに挙げられた…
分散型ビジネスの潮流:クラウドリアルティ 鬼頭武嗣氏― P2Pで開かれた資本市場の創設に挑む[後編]
「クラウドリアルティ」は、資金調達者と出資者をP2Pでマッチングする投資銀行の機能を担うプラットフォームで、現在は不動産証券化とクラウドファンディングの仕組みを組み合わせたサービスを提供している。クラウドリアルティは、来たるべき分散型社会の新しい資金調達モデルとなり得るのか。後編では、株式会社クラウドリアルティ CEOの鬼頭武嗣氏に、実施したプロジェクトや目指すゴールについてお聞きした。
分散型ビジネスの潮流:クラウドリアルティ 鬼頭武嗣氏― P2Pで開かれた資本市場の創設に挑む[前編]
「クラウドリアルティ」は、資金調達者と出資者をP2Pでマッチングする投資銀行の機能を担うプラットフォームで、現在は不動産証券化とクラウドファンディングの仕組みを組み合わせたサービスを提供している。特徴は、ハードルが高かった従来の公募での資金調達の常識を打ち破り、個人でも組織でも、誰もが簡単に低コストでプロジェクトの起案者になり少額から公募REIT(不動産投資信託)とほぼ同等の仕組みを活用できること。クラウドリアルティは、来たるべき分散型社会の新しい資金調達モデルとなり得るのか。前編では、株式会社クラウドリアルティ CEOの鬼頭武嗣氏に、創業のきっかけやビジネスモデルについてお聞きした。