TAGブロックチェーン

利回り338%の投資商材としての顔を持つNFTブロックチェーンゲームAxie infinity。
1ヶ月の販売額が880億円(8億ドル)となっているグローバルでNo.1のNFTを使ったブロックチェーンゲームAxie Infintyは投資商材としての顔も持っている。   Axie InfinityはブロックチェーンならではのPlay to Earn(遊びならが稼ぐ)を実現したゲームだ。24枚の手札で対戦するカードゲーム。コンピューターとの対戦と有人との対戦の2つのステージが用意され、それぞれのステージでノルマをクリアすると、独自の暗号資産SLP(スモールラブポーション)がもらえる。   ゲームに参加するためには、最低3枚のNFTを購入しなくてはならず、1枚25,000円程…
DAppsプロジェクト「Gene A.I.dols(ジーンアイドル)」始動! 開発メンバーが語る誕生秘話とAI×ブロックチェーンの活用
2019年2月14日、バーチャルアイドルのDAppsゲーム「Gene A.I.dols(ジーンアイドル)」が発表された。「Gene A.I.dols」をひと言で説明するなら「自分だけのバーチャルアイドルを作ったり集めたりできるゲーム」で、ブロックチェーンを用いたDAppsでもある。一見するとよくあるコレクティブル(収集)系ゲームのようだが、その裏ではAI(人工知能)による顔画像生成や音声合成、さらにブロックチェーンによる真の所有性の実現など、最先端の技術がふんだんに使われている。どのようなきっかけで企画が生まれたのか、AIやブロックチェーンはどのような役割を果たしているのか、開発メンバーの西村祥一氏と小幡拓弥氏に聞いた。