TAG國光宏尚

[緊急取材]ブロックチェーン業界は「Libra」をどう捉えたか? 有識者たちの第一印象
Libraに対して、有識者たちはどのような印象を抱いたのか。今回、編集部ではさまざまな立場の方々に緊急取材を実施し、「Libraの第一印象・感想」についてコメントをいただいた。
フェイスブックやインスタの次をねらう「FiNANCiE(フィナンシェ)」とは? 國光宏尚氏が描くブロックチェーンの成功シナリオ
2019年3月7日、個人の夢を支援するSNS「FiNANCiE(フィナンシェ)」のオープンベータ版が公開された。個人が支援を集めたり資金調達をしたりできるサービスは、クラウドファンディングやサロンサービスをはじめこれまでも存在する。FiNANCiEが特徴的なのは、ブロックチェーンを使うことで資金調達だけでなく、サービスの透明性や参加者へのインセンティブなど、コミュニティ活性化につながる仕組みを実現している点だ。FiNANCiEを「承認欲求に基づく今現在のSNSに代わる次世代のSNS」と説明するプロジェクト創設者の國光宏尚氏に、開発の経緯と技術的ポイント、目標について聞いた。
「いまブロックチェーンで起業できる人は幸せ」とgumi國光宏尚氏らが学生にアドバイス~HashHub Conference 2018レポート
去る2018年7月21日に、株式会社HashHubが主催する「HashHub Conference 2018」が東京大学伊藤謝恩ホールで開催された。暗号通貨とブロックチェーンの現状について、技術や規制、市場など多面的な視点で議論がなされた。本稿では、その中から2つのパネルディスカッション「起業家によるブロックチェーン時代のアプローチ」と「暗号通貨、ブロックチェーンの限界とその先」をレポートする。(肩書きはすべてカンファレンス当日のもの) 起業家はブロックチェーンにどうアプローチするのか まず、「起業家によるブロックチェーン時代のアプローチ」のセッションでは、主催する株式会社HashHubの共同…