TAG暗号通貨

LINEの新たな挑戦 ― LINKブロックチェーンが実現するトークンエコノミー
2018年、LINEは「LINE Token Economy」構想を発表し、独自ブロックチェーンやDAppsプラットフォームへの取り組みを明らかにした。LINEは単なるスマホアプリの枠を超えてプラットフォームとしての地位を確立し、ゲームや音楽配信、ショッピング、ニュース、AIなどの領域においても強い存在感を示す。事業領域を金融分野にも拡大している同社がブロックチェーンを使って実現しようとしているものは何なのか。LINE Blockchain Labを率いる那須利将氏と開発者コミュニティとのパイプ役を務める砂金信一郎氏に話を聞いた。
DApps市場の開拓者:グッドラックスリー 井上和久氏[後編]― ブロックチェーン上であらゆるエンターテインメントを実現する
ブロックチェーンゲームは「DApps」とも呼ばれ、トークンエコノミーを構成する要素として重要な役割を担う。CryptoKittiesなどの成功事例も出てきているが、ブロックチェーンならではのゲーム設計や収益モデルの構築などについて、業界では議論と模索が続いている。そんな中、株式会社グッドラックスリーは株式会社セレスと日本初となるイーサリアム上のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」を共同開発し、「ブロックチェーンとDAppsに全社を挙げて注力する」と宣言した。後編では、同社代表の井上和久氏に、開発中のDAppsプラットフォームや今後の展望についてお聞きした。
DApps市場の開拓者:グッドラックスリー 井上和久氏[前編]―「くりぷ豚」でブロックチェーンゲームの可能性を追求する
ブロックチェーンゲームは「DApps」とも呼ばれ、トークンエコノミーを構成する要素として重要な役割を担う。CryptoKittiesなどの成功事例も出てきているが、ブロックチェーンならではのゲーム設計や収益モデルの構築などについて、業界では議論と模索が続いている。そんな中、株式会社グッドラックスリーは株式会社セレスと日本初となるイーサリアム上のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」を共同開発し、「ブロックチェーンとDAppsに全社を挙げて注力する」と宣言した。前編では、同社の創業者であり代表を務める井上和久氏に、DApps参入のきっかけやビジネス面での手応えについてお聞きした。
ICOの時代は来るか? #02 沼澤健人氏 Aerial Partners ――ICOプロジェクトを技術的観点から監査・評価できる存在が求められる
「ICOの時代は来るか? 有識者に訊く」と題したこの企画では、ICOに対するオピニオンをさまざまな立場の方々に訊く。今回は、暗号通貨に詳しい会計・税務の専門家として、ALISプロジェクトのICOやさまざまなブロックチェーンビジネスをサポートしてきた沼澤健人氏に、ICOの可能性や課題について訊いた。