TAGBCCC

日本ではステーブルコインのハードルは極めて高い。一般社団法人ブロックチェーン推進協会BCCCが活動結果として報告。
2021年度8月19日にBCCC(一般社団法人ブロックチェーン推進協会)の総会がZoomで開催された。新任役員に加わったのが、マネーパートナーソリューションズの代表取締役社長の小西啓太氏、LayerXの代表取締役社長 福島良典氏、JPY代表取締役 岡部典孝氏、PwCコンサルティングのシニアマネージャー丸山智浩氏。またエバンジェリストには、グラコネの代表取締役社長 藤本真衣氏が就任した。   また10の部会からの活動報告があった。その中で特に興味深かったのが、最近議論されなくなったステーブルコインだ。資金決済法上の自家型前払式支払手段で暗号資産ではないJPYCの報告とともに、ステーブル…
銀行は仮想通貨Libraにどう備えるべきか? 日本経済への影響や逆風の背景を識者討論から読み解く
仮想通貨「Libra」に体して、乱立する仮想通貨市場にあっていよいよ本命の登場だと歓迎する者、フェイスブックが中心にいることを不安視する者、金融政策が破壊されるのではないかと懸念を示す各国の規制当局など、受け止め方はさまざまだ。コンソーシアムから数社が離脱するなど、Libra協会自体も決して順調とはいいがたい。果たしてLibraはどこへ向かうのか、業界識者によるパネルディスカッションから展望する。
Libraは失敗に終わる? 普及の可能性と真のねらいを探る ― BCCC緊急座談会レポート
一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)は7月1日、暗号通貨「Libra(リブラ)」の技術解説と今後の展望に関する緊急座談会を開催した。イベントの前半ではビットコイン研究所の大石哲之氏がLibraの概要と技術について解説。後半では法的観点を含めた今後の展望について、BCCC代表理事の平野洋一郎氏をモデレータに、前述の石井氏、カレンシーポートの杉井靖典氏、弁護士の増島雅和氏による討論が行われた。