TAGDAICO

DAICOのオープンソースフレームワーク #01 DAICOVOの構造
ICO(Initial Coin Offering)という資金調達の方式が活況を呈している。PWCのレポートによると、2017年は500件以上のプロジェクトが総額70億ドル以上を調達しており、さらに2018年は最初の5か月でその2倍を超える調達額に達しているとのことだ。しかし、これだけの盛り上がりを見せるICOの裏側で、詐欺やプロジェクトの停滞が横行し、投資家の損失となっていることはすでに周知のことである。Satis Group LLCのレポートによれば80%以上のICOが詐欺であると報告されている。   このことを憂慮して、イーサリアムの発明者ヴィタリック・ブテリンはDAICOとい…
DAICOオープンソースフレームワーク #02 DAICOVOのデプロイと運用フロー
第2回では、DAICOVOのデプロイと運用のフローについて説明する。コードを改変せず、単にDAICOVOを使用する場合、こちらのフローに沿って作業をすれば動作させることが可能だ。   ICOの準備段階(プライベートセールやトークンの配布)から、クラウドセールの実施、プロジェクト開始以降の資金管理(投票を含む)、返金が可決された場合までを含め、順を追って解説する。 セール前のトークン配布まで DaicovoStandardTokenをデプロイする [crayon-5beb104ed694f494292996/]   DaicovoStandardTokenを使わず、オリジナル…
DAICOオープンソースフレームワーク #03 DaicovoStandardToken.sol の実装
第1回、第2回はDAICOVOの全体構成とデプロイ・運用フローについて解説した。第3回では、最も基本的なコントラクトであるトークンについて解説する。 トークンの要件 DAICOVOでは、ERC20トークンにERC223の特徴を追加したDaicovoStandardTokenのテンプレートを提供している。このテンプレートを使って簡単にトークンを発行することが可能だが、これ以外のトークンを用いてDAICOVOでICOを行うこともできる。その場合のトークンの要件は、次の通りである。 ERC20 インターフェイスを持つこと [crayon-5beb104ed6f0b519748633/] Mintab…
DAICOオープンソースフレームワーク #04 TokenController.solの実装
今回はTokenControllerについて解説する。   TokenControllerは、トークンの発行を管理するコントラクトである。トークンコントラクトのownerとなり、トークンのmintを行う。TokenContollerの役割は、ICOの各フェイズで誰がトークン発行の権限を持つかを管理することである。   コンストラクタは以下の通りだ。   [crayon-5beb104ed73cc966139027/] 状態遷移 TokenContollerは、次の順に状態遷移する。 トークンセール開始前 トークンセール中 プロジェクト開始後 コントラクト中では、s…
DAICOオープンソースフレームワーク #05 DaicoPool.sol の実装
この回では、調達した資金を管理するDaicoPoolについて解説する。   各TokenSaleコントラクトはfinalizeされる際にこのDaicoPoolに調達資金を送金する。ICOで調達したすべての資金はこのコントラクトに集められ、プロジェクト開始時からTAP値に従って徐々にリリースされる。コンストラクタは以下の通りだ。   [crayon-5beb104ed77d4728636545/]   tap_amountには、TAPの初期値[wei/sec]を与える。これは、あらかじめホワイトペーパーに宣言している値を与えるべきである。TAP値は公開情報であるため…